売上アップ!見せ方を変えて成功する方法①

皆様こんにちは。埼玉の中小企業診断士 高島です。

見せ方を変えて成功する方法を少し検討してみたいと思います。

例えば「レイコップ」が有名ですね。布団クリーナーとして大ヒットを記録しました。

もともと「布団クリーナー」を前提に、開発されたこの商品ですが、販売メーカー側で「限定しすぎだ!」とのNGが入ったそうです。

このクリーナーは別に布団に限らず、様々なクリーナーとして機能できる。それなのに、用途を布団に限定されるような見せ方では、お客が減ってしまう。

そう考えたわけです。しかし売上はあまり振るいませんでした。

しかし、この商品を再度「布団」に絞った見せ方で売上を上げた会社があります。

そうです。ジャパネットたかたです。

作り手と売り手の見せ方を少し変えるだけで、この商品は空前の大ヒットになりました。

同じような例はたくさんあります。

ワンダモーニングショットは別にいつでも飲めるのに朝専用

絶対に家庭用を前提としているのに、「業務用カレー」

さらにニッチなところでは

マークシート専用シャープペン

などなどたくさんあります。

これらはすべて、顧客に対して「提案」を行っているわけです。

見せ方を変えるというのはこういうことです。

沢山の人に売りたい!こんな使い方もあんな使い方もできる! それはこちらの都合です。

顧客が選びやすいのは「シーン」を想像できることです。そして、なるべく顧客側で工夫する必要の少ないものです。

とっても良いこの商品、どう使うかはあなた次第です。

これでは顧客としては、「なんかめんどくさい」わけです。

顧客がこの商品を使うとどうなるのか。それをありありと想像させること。さらにその状態が顧客に好ましければ好ましいほど、それがヒットにつながるわけです。

例えば、自分は騙されない!といくら考えても、収入を増やしたいっ!

「1ヶ月で月商200万円を超える方法」と言われると気になってクリックしてしまったことありませんか?

さらに、「1000人で実証済み!1ヶ月で月商200万円を超える方法」と言われるとさらに気になります。

ダメ押しで、「だからあなたは稼げない!私は○○を変えただけで1ヶ月で月商200万円を超えました」となると、クリック率はさらに高まります。

健康に不安があれば、

「医師100人中95%が効果ありと答えたサプリメント」とあれば気になってしまいます。

インターネットではもはや使い古されてしまっている方法で現在はそこまでの神通力はないかもしれませんが、このコピー達は実は商品を一切紹介していません。

ただ、顧客に理想の姿を想像させているだけです。これが見せ方を変えて売上をアップさせる一つの方法です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL