カテゴリー
本当に成功する副業・起業

副業・起業の選び方で大切なこと

今の時代、収入が一本というのは不安だけど、何をやっていいか分からない

こういうご相談がとても多くなりました。

この気持ち非常によくわかります。基本就職活動などでは、「会社」を選びますが、どんな「仕事」かは重視されていなかった気がします。

その中で、どうやって仕事をきめていいか。これを考えていきましょう。

①詐欺のような案件に騙されないために

まずは、以下の質問にお答えください。

1日30分の作業で月10万円の副業です。最短1か月で結果が出ます

この案件が怪しい理由をお考え下さい。

答え こんな美味しい案件、人に紹介するより、人雇って拡大した方が儲かるから

この場合、1日30分×30日とすると作業時間は15時間です。

仮に時給1,000円、いや2,000円払って人を雇ったとしても利益がでます。この案件をわざわざ他人に教える理由は何でしょうか?

②大前提として、副業・起業にはお金と時間がかかる

元手ゼロから収益を得るには、だいたい1,000時間かかります。

これは、どんな業種にも当てはまります。この時間を短縮させるには「外注」などの手もありますが、もし、お金をかけずにやりたいならば、時間をかけるしかありません。

つまり事業を成功させようと思ったらどう1,000時間を捻出するかを考えることが非常に重要になってきます。

1日10時間なら約3か月(これは副業というか、ほぼ本業で独立のパターンです)

1日2時間なら約1年5ヶ月(これが最もオーソドックスなパターン)、土日はもほぼ1日仕事して1年くらいで収益が黒字になる方もいらっしゃいます。

1日1時間なら約3年間です

これが標準期間だとお考え下さい。最も多いご相談(?)が、「3か月も頑張っているのに、収益がゼロです」というものがありますが、「そういうもんです」としかお答えできません。

もちろん「せどり」のように、すぐに収益がでる物もありますが、「生業」として安定的に収益を出していくにはこのくらいの時間がかかるものと考えていく方が無難です。

③副業・起業の選び方の結論として

収益が出るまでには、時間がかかります。仮にこの1,000時間アルバイトをしたら100万円になります。この収益チャンスを蹴ってまで、長い時間を費やしていくわけです。

つまり好きなことじゃなければ続けられません。

自分はどんなことであれば時間を忘れて没頭できるのか?まずこれを自問自答するところから始めましょう。

次回は、自己分析について検討していきたいと思います。

カテゴリー
本当に成功する副業・起業

副業を始めよう!という方のよくある間違い

副業を始めよう!という方のよくある間違い3選

コロナが始まってから非常に副業に関する相談が多くなってきました。大抵の場合、「思ったより稼げません。何が悪いんでしょうか?」みたいなものなのですが、「そもそもどうやって始めたのですか?」とお聞きすると、大抵以下の3つの要素に分解されます。

①自分でできることから探す

 これはめちゃくちゃ分かります。例えば英語が得意だから、英語の家庭教師を始めてみようかな?とか、手作りが得意なので、ハンドメイドはどうだろうか?みたいな感じです。

 技術的には問題無い事も多いのですが、いかんせん競争が激しいジャンルや単価が著しく低いジャンルであることが多く、他とどう違うかという点を検討されておらず、なかなか伸びないという状況にあります。

 マーケテイングの要素を入れていけば、勝てる可能性もあるので、このパターンは比較的修正がしやすいです。

②ネットで「副業の始め方」と検索する。

ネットで副業の始め方を発信している方は、なぜ発信するのでしょうか?もっともオーソドックスなのはアフィリエイトや物販と紐づいているパターンです。

もちろん有益な情報も多いですが、「投稿者はどんなメリットがあって情報を発信しているのか」という視点を常にもつことが重要です。

③書籍で「副業の始め方」を探す。

書籍は当然売れなければ、赤字になってしまいます。最低でも初版は売り切りたいと考えます。そうなるとある程度範囲を広くとって、発信する必要があるため、情報が抽象的になる可能性があります。

ではどうすればよいのか?

まずは自分が試すことが必要です。ご相談者の中でなかなかうまくいかない方の共通点はこれです。

自分では読んだこともないのにブログを始める、ネットで買い物したことないのに物販始める

これでは、お客様の気持ちを知るのはほぼ不可能です。

次回は、どのように副業を探せばよいかについて検討していきます。

続きはコチラ↓