独立起業、それちょっと待った②

皆様こんにちは。 埼玉の中小企業診断士 高島です。

今日は大学で講義を行ってきました。なかなか経営をイメージするのは、学生には難しいと思いますが頑張ります。

 

さて、今日も独立起業、それちょっと待ったについて、考えていきます。

 

④ 人脈作りは十分ですか?

独立すると、人脈は命綱となります。

独立した瞬間、あなたは世間からプロであるとみなされます。

まだ独立したばかりだから、このクオリティでも仕方ないよね。

ということは、120%ありません。

自分のやったことない分野、あまり詳しくない領域、そんな仕事は山ほど来ます。

受けないという選択肢ももちろんあります。しかし、中々それはできない。どんな仕事でもやはり取りたいという気持ちになります。

その時、相談できる人がいるかいないか。

また、差し当たりの営業先は、実は同業者であるという可能性もあります。

同業者の友達、先輩は必須ですし、仕入れ先の確保も重要です。

独立すると忙しさは、尋常ではありません。暇な場合、それはそれでかなりマズイ状況です。

人脈作り、チームの目処は独立前にある程度は、目処をつけましょう。

⑤情報発信を始める

これは私の成功例ですが、概ね独立一年前から情報発信を始めましょう。

情報発信もトレーニングが必要です。いきなり上手くは情報発信などできるわけがありません。

お店オープン365日前!なんてスタートが切れるといいですね。

まず言えるのが、ホームページにしても、ブログにしても「育てる」というイメージを持って下さい。

RPGに、似ています。

レベル1の段階では、全然PVが上がりません。

武器はうっていますが、経験値はうっていません。買えません。

一年前から始めれば、オープン時には月間10000PVくらいからスタートできます。これはかなり有利です。

強くてニューゲーム状態です。

⑥  ダメだった時のことも考えておく。

独立は、失敗することもあります。

当たり前です。

もちろん失敗を恐れては何もできません。

それでも考えておくことは必要です。

さらに撤退する条件も検討しましょう。

どうなったら、撤退なのか、そこを検討して置かないとと悩んだときに決められません。

確かに赤字だが、我慢する局面なのか。

いや、最低撤退ラインは割っていないし、上昇の兆しもある。なのか

赤字額は少ないが、このままでは資金ショート確実だから、一時撤退なのか。

そういう判断が必要です。

もしダメなら〇〇で食いつなげばいい。

これがあるのとないのでは、全く精神の安定度が変わって来ますよ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL